がごめ昆布、いか、昆布を水揚している函館市漁業協同組合です

がごめ昆布、いか、昆布を水揚している函館市漁業協同組合です

函館の漁業の歴史

 函館は、北海道の南西部渡島半島の南端に位置し、日本海と太平洋を結ぶ津軽海峡に面し三方を海に囲まれ、古くからその優れた地形により「巴港」と呼ばれ“綱いらずの港”とされた天然の良港であり、各地からの船の出入りも多く、昔から交易が盛んでした。
 また、函館港は、我が国最初の貿易港として、北洋漁業の拠点地として、また本州と北海道を結ぶ要衝の港としてはもとより北太平洋沿岸と東アジアを結ぶ航路においては中継港として函館の繁栄とともに歩んできました。
 

 幕末期の函館周辺漁業は、ニシン、サケ・マス、コンブ、イワシ、イカ漁が行われていました。大正時代からはサケ・マス漁業、カニ工船等の北洋漁業の基地となり、水産業を基幹産業としてめざましい発展をしてきました。
 しかし、諸外国の200海里水域の設定に伴い北洋漁業の漁獲量が激減し、次第に遠洋漁業から沖合・沿岸漁業へと漁業形態が変わってきました。

  現在函館周辺では、イカ釣りを中心とする漁船漁業と、コンブ・アワビ・ウニなどを対象とした沿岸漁業が営まれています。
 イカは市の魚にもなっており、イカソーメンやイカの塩辛・燻製、珍味など「イカの街」としてのイメージは全国的に定着しつつあります。

 また、函館の周辺町村は真昆布やガゴメ昆布などをはじめ、近海の豊富な水産資源を有し、また、それらをを活用した食品加工業が盛んで、水産及びその加工業において道内はもとより全国的にも有数の水産都市です。
 函館漁業協同組合では、安全で品質の高い漁獲物の提供を行えるよう支援しています。